スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑談】萌えミリについて無駄に時間を使ってみる

 たまにアクセス数が多いな、どうしてなんだろうと思っていたら。
 たかさわさんのA Home Of Game ApesのRSSに入ってたのね、気付きませんでした。
 たかさわさん、ありがとうございます。
 というわけで、リンク集に追加っと。

 さて真面目に。
 まず昨日の記事についてですが、タイトルは『萌えミリとシミュレーションゲーマー』のほうがしっくりきますね。
 失敗、失敗。

 ついでに、昨日の記事に補足。
 というかネタか。
 私がもし萌えミリ向けにシミュレーションゲーム雑誌を作ったらを書いておこうかと。
 あまり時間かけてないので、そのへんはご愛嬌で。

 表紙は野上武志さんか島田フミカネさん。
 巻頭にカラーイラスト4枚。
 特集。(カラーでいければいいなぁ。)
 目次。

 萌え小説が8~16P。

 あるゲームの作戦研究が8~16P。
 上記作戦研究の歴史的背景が8P。
 上記作戦研究を萌え視点で8~16P。

 萌えマンガを何個かの作品で32P。
 読参つくって8P。
 短い作戦研究をいくつかで16P。
 2つ目の萌え小説が8~16P。
 

 間にコラム入れたり、インタビュー記事入れたりして、96Pか128Pか144Pで作るかな。
 付属ゲームは考えてない。
 通常流通に乗っけて1冊945円の隔月で3000部。
 3000部だと945円で出せないか……P×10円ぐらいか。


 内容については、いきなり作戦研究では読んでくれないので、萌え小説を持ってくる。
 マンガだと全体の立ち位置が低くなるので小説で。
 2つめの小説は萌えでなくてもいいかもしれない。
 作家についてはなんとかなる位置にいるので気にしない。

 ゲーム記事は最初は大きな所からかな。
 D-DAYとかバルバロッサとか関ヶ原とかワーテルローとか。

 マンガについては普通に速水螺旋人さんとか中山かつみさんとかるりあ046さんとかに頼めばいいでしょう。新人さんもそこそこいるし。

 読参は絶対必要なので、人数をかけて真面目に作る。
 短い作戦研究は真面目くさいのも混ぜつつ、けっこう遊びをいれる。


 という感じですかね。

 最初の小説と読参のイラストレーターで当たるかどうかが50%は決まりそうですが。
 放電映像さん、松本規之さんあたりに頼めればって感じですかね。

 ちゃんと作れば、学研のシリーズの前段階として入れそうな気がするな。
 というかゲームいれずに作戦研究本として出した方が速いような。
 なんだかなぁ……。

 やっぱり『萌え』と『シミュレーションゲーム』って混ざらないと思います。
 混ざる人は『ファイナルファンタジータクティクス』とか『伝説のオウガバトル』とかのコンシューマーゲームを1人でやってるだろうし。

【雑談】萌えミリとシミュレーションゲームについて

 F男氏の記事に触発されました。
 萌えミリタリーについて書かれていては、真面目にその近くで飯食ってる人間としては反応せねばならないでしょう。

●8月10日 F男の誰も付いていけない話
http://fohpl.asablo.jp/blog/2010/08/10/5279048

きっかけ
●しゅみのしみゅれーしょんげーむ 上手く説明できない
http://takoba.exblog.jp/14366421/

 MCアクシズとか萌え系のミリタリー本が増えてきている中で、萌えミリってどうでしょう、って感じのもの。

 萌えミリを認めるかとか萌えとはなにかとか、萌えミリからの参入者に対しての付き合い方とか長々と書いていたんだけど、F男氏やtakoba39714さんとそんなに変わりがあるわけじゃないから割愛。読んでて面白くないと思うし。

 ただシミュレーションゲーマーは萌えを嫌う人が多いとは思うのは理解できます。
 そしてそこが問題だと思います。

 ぶっちゃけ私はシミュレーションゲームもTCGもドイツゲームもRPGもなんでもやってきた人間です。その流れでいろんなゲームサークルに顔だしました。

 その中でシミュレーションゲーム会だけが異質です。
 そうは思ってなくても一見さんお断り状態のところが多すぎです。
 それにシミュレーションゲーム以外禁止の所も多い。
 他のゲーム会ではそんなことありません、それこそシミュレーションゲームやってても問題ないです。
 この間口の狭さが問題だと思います。

 これは昔TRPGに喰われたせいだと考えてるからでしょうが、ドイツゲーム禁止は理解出来ません。
 だから萌えミリが主流になろうがなにしようが、関係ないと思うんですよね。
 というか交わることはないのではないでしょうか。

 TCGやドイツゲーム系などのゲームは萌えと上手く絡むと思うのですが。


 私の認識は全部同じゲームです、面白ければなんでもいいです。
 でもシミュレーションゲーマーにとっては【シミュレーションゲーム】は他のゲームとは違うものなんでしょう。気持ちは分かるのですが、理解はしずらいです。

 ですので、萌えミリから格調が高いシミュレーションゲームにくるのは、ほとんどいないのではないでしょうかね。

 だから心配は無用だと思います。
 まあ、心配は無用だから問題なんですが。


>takoba39714さんへの私信
 別に含むところはないんですが、批判してるように見えたらすいません。
 お会いしたことがあるのかどうか定かではないので、先にお詫びしておきます。

>F男氏へ
 面白いところが多いので、気が向いたらいろいろと深くツッコミます。
 うーん、やっぱりF男氏とはさしで飲み明かした方がいいのか?
 何度かやってる気がしないでもないんだが……。

【雑談】コミケ3日目行ってきた

 3日目売り子として参加してきました。
 朝早くて疲れましたよ。
 なんとか、2時には上がれたのでよかったです。

【雑談】コミケ行ってきた

 時間が出来たのでコミケに顔出してきました。
 とりあえず、数人に挨拶していろいろ話してきました。

 ゲーム系少ないなと思ったのですが、ゲームマーケットが主戦場になりつつあるようですね。

 まあ、狭い業界だしオンリーイベントのほうが強いのは当たり前か。

【雑談】陽炎少女 丹陽

●陽炎少女-丹陽 CCC創作集 數位典藏與數位學習國家型科技計畫成果入口網 TELDAP
http://digitalarchives.tw/Theme/CCC/CCC2/CCC2_b.jsp

ソース:「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む 台湾最高研究機関公認の萌え軍事本
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51550773.html


さすが台湾。
トランスフォーマーを作っただけのことはある。

▼トランスフォーマー
●らばQかなりぶっ飛んだ内容となっている、台湾の軍人募集CM(動画)
http://labaq.com/archives/51448387.html
プロフィール

はねはね

Author:はねはね
どうも、はねはねです。

シミュレーションゲーマーです。
ヲタと一般人の真ん中辺です。

とりあえず、やきゅつく2の事とゲームの事を書きたかったので始めました。

まあ、いずれ小説ネタやマンガネタを始めると思います。

それでは、つたないブログですが楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。