スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑談】『萌え』とはなにか

 F男氏の最新の記事を見ていろいろ納得しました。
 『萌え』とはなにか、から始めるべきだったのね。

 うーん、『萌え』とはなにかって共通認識のつもりでいました。
 だけどそれこそ私が【こちら側】にいるから当たり前なだけで、一般人からすれば理解してないのが普通な話。
 まったく気付きませんでした。


 『萌え』というのはキャラクターやセリフ、または物に対してしか起こりません。
 単品に『萌え』るのが基本です。

 ヒトラーやスターリンには『萌え』ますが、独ソ戦には萌えません。
 T34-76やパンテルには『萌え』ますが、クルスク大戦車戦には萌えません。
 石田三成や徳川家康には『萌え』ますが、関ヶ原の戦いには萌えません。
 鉄砲や雑賀孫一には『萌え』ますが、雑賀衆には萌えないんです。
(本気で『萌え』を語ると、受け攻めからシチュエーション萌え、セリフ萌え等、語らなきゃいけないことが多々あるので簡単に説明してます)


 シミュレーションゲーマーに一番分かり易く言えばこうです。

【ツクダのゲームのほとんどに『萌え』る要素があります】

 ジャブローはキャラゲーです。黒い三連星シナリオは特にそうでしょう。
 黒い三連星(ガイア、マッシュ、オルテガ)VSガンダム(アムロ)、ガンキャノン(カイ)、ガンタンク(ハヤト)は最高でした。(第一話のデニム、ジーン、スレンダーに萌える人は少ないでしょう)

 大坂夏の陣もキャラゲーです。
 徳川方としては面白くないでしょうけど、大坂方は幸村の活躍っぷりはプレイしてて楽しいでしょう。

 銀英伝のゲームもほとんどがキャラゲーです。
 リップシュタット会戦なんて、キルヒアイス2ユニットで100ユニット相手にしますから。

 (あの当時を思い出すと、私自身もツクダのゲームを『下に見ていた』気がします。あんなのシミュレーションゲームじゃないとかなんとか)


 この辺から考えると『萌えミリ』がはまるシミュレーションゲームは、キャラゲーかフィギュアゲーになると思います。基本は原作のアニメか小説、マンガ付き。

 だけど、シミュレーションゲーマーってここにほとんどいないですよね。
 単品に『萌える』ってのがあまりありえませんし。

 つまり萌えを受け入れるかどうかってことは、『ガンダムUC』『ケロロ軍曹』『ガンパレードマーチ』『戦国BASARA』あたりのシミュレーションゲームが出てきたとして、シミュレーションゲーマーがそれをシミュレーションゲームとして認めるかってことでしょうね。

 ツクダの時ははじき出したと認識していますが。

***********************
●昨日の『【雑談】萌えミリについて無駄に時間を使ってみる』について

 原作付きの何かゲームを出してもらって、それに続く形でムックで出すってのが最も有効ではないかなと思います。
 そうすれば、ゲーム2000個、ムック5000部はいけるのではないでしょうか。
***********************
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

(以下、F男さんのブログにつけたコメントの転載です)

そういえば、職場の女の子に「たこばさんは歴史上の人物で誰が好きですか。」って問われて、とっさの答えに窮したことがありました。

そのときは私は一応歴史ヲタクだと見られているという気負いから、坂本龍馬とか織田信長なんてメジャーな方ではなく、一見マイナーだけどそこから滔々と薀蓄を語れるような人物の名前を挙げてやろうと思った挙句だったのだと自己分析していました。

でも、よくよく考えてみると、私は歴史上の人物を好きなわけではないんですね。
どっちかというと、歴史上の人物より歴史上の事件、あるいはシチュエーションのほうがすきなんです。
近藤勇ではなく、池田屋事件が好き、みたいな。
歴史上の人物って私にとってはユニットなんですよね。
その程度には思いいれもあるし、好きでもあるんですが。だからとっさにそんなこと聞かれてナンバー1を出せなかった。

私が答えに困っていると彼女は「私は福山雅治演じるところの坂本龍馬が好きです。」と、仰った。
この人は、色々わかっているというか、ものすごい自己分析能力をお持ちなんだなあと思っちゃいました。

No title

 そうなんですよね。
 いろいろと書いていて気付きました。
 私は敗戦シチュが好きで、防御側を担当することが多いです。

>歴史上の人物って私にとってはユニットなんですよね。
>その程度には思いいれもあるし、好きでもあるんですが。

 確かに、ある程度は好きなんですよね。
 でもそのユニットが死んだからって、ゲームを投げ出すわけじゃない。
 あー、そういえば、ゲーム投げ出されたこと昔あったなぁ。

>「私は福山雅治演じるところの坂本龍馬が好きです。」

 どこが好きか明確でいいですね。 
プロフィール

Author:はねはね
どうも、はねはねです。

シミュレーションゲーマーです。
ヲタと一般人の真ん中辺です。

とりあえず、やきゅつく2の事とゲームの事を書きたかったので始めました。

まあ、いずれ小説ネタやマンガネタを始めると思います。

それでは、つたないブログですが楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。