スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム】関ヶ原プレイしてきた(その1)

 昨日ゲーム会があり関ヶ原をプレイしてきた、1年以上プレイ期間が空いていたけど、忘れないもんですな。
 対戦相手も決まっていて会場入りすると、セットアップが終わってた、申し訳ない……。

 そして東軍でプレイ開始。
 初対戦の相手なので、恩賞は素直に置く。
(小早川25×5、鍋島20×5、長宗我部15×5、吉川10×4、京極10)

 それから情報カードが5枚。
 これはなかなか。
 小早川中立、調略2(黒田、細川)、小大名の調略、あと忘れた1枚。

 第一ターン、織田を吹っ飛ばして、小大名の調略で岐阜城陥落。順調以上の滑り出し。

 第二ターン、引いた情報カードは輝元2枚、秀頼1枚あるしでいいのか悪いのか。使えるカードは小西調略1枚のみ。

 岐阜城落として引いたカードで木曽路も小早川も調略カードがないとなると、6ターンサドンデスはまず出来ない。
 しかし岐阜城も超早く落ちたし小西もある。
 ちょっとだけ決戦しちゃうかと考えた。

 とりあえず、小西に25×5置いて第二ターン開始。

 第二ターン前半。
 戦意は松平以外やる気。一瞬赤坂行っちゃうかと考えたが自重して、大垣の前に川を挟んで集結。

 第二ターン後半。
 戦意はまたも、松平以外やる気。しかも1が3人。西軍は小西と宇喜多が城外にいることが確定している状況で悩む。

 まあ、偵察だけするかと川を渡ってみたら、石田以外はみんな城外。しかもこちらが決戦を予定している地域から一番遠いのが宇喜多。

 それならばと宇喜多がくるまでの決戦を始める。
 東軍は、福島、黒田、細川、井伊。
 対する西軍は、石田、島津、立花。増援で小西。

 結局、宇喜多は間に合わず上記4人が敗走で、西軍投了となりました。

 この時の東軍の心理状況を少し。
 宇喜多は川っぺりにいてその後ろに小西、城内に石田、島津、立花だと思ってました。
 なので、別に策もなく宇喜多を孤立させられたらいいなぐらいで前進してた。
 この初期段階なら全軍決戦になっても、部隊数40対25なのでなんとかなるかと。
 実際は35対13だったわけで、まあ成功でしょう。


 とりあえず締め。
 岐阜城が速攻で落ちると、戦意次第では大垣強襲がありますよということで。
 あんな早期に強襲くらったのは初めてだと言っていたし、こんな展開もあるんだとわかってくださいな。
 危ないと思ったら全軍で大垣に籠る、これ重要です。

(2回目についてはあとで書きます)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:はねはね
どうも、はねはねです。

シミュレーションゲーマーです。
ヲタと一般人の真ん中辺です。

とりあえず、やきゅつく2の事とゲームの事を書きたかったので始めました。

まあ、いずれ小説ネタやマンガネタを始めると思います。

それでは、つたないブログですが楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。