スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム】関ヶ原その3

中盤のことを書こうと思ったのだけど、中盤は一番重要なところなので、先に終盤から。

家康が盤上に到着して、川を渡り始めるのがだいたい10~11ターン。
先に結論を言うと、こうなったら東軍は勝つのは厳しい。

11ターン以降に東軍が勝利するには、勝利得点は100点以上必要。
そして点数を計算すると基本的に80点ぐらいしかない。
・清州20点、岐阜20点、大垣包囲10点、丹羽10.5点、前田近江進出10点、その他10点

あと20点となると、小早川か鍋島の裏切りぐらいしかない。
もちろん決戦をして勝てばいいのだろうが、西軍が引いて決戦が出来なければおしまい。

東軍が決戦はしかけられないがサドンデス宣言をしたい場合は、もう調略しか残ってない。
しかしここで恩賞超過という問題が発生する。

はっきり言おう。
もし東軍が恩賞900万石をすべて使い切りかつすべての調略を成功させた場合、盤上は見事に東軍の勝利だろう。
だがゲームは恩賞超過90点(450万石/5万石)により、西軍の勝利か引分けになるだろう。

さて、ここで東軍の恩賞状況を確認しておく。
西軍が普通に東軍武将に恩賞を置いていくと、だいたい300万石ぐらいは防御に使う。
そして小早川を150万石で調略に成功したとすると、合計450万石である。

そう。
東軍は小早川を取った時点で、その後の調略はすべて恩賞超過なのである。
鍋島を90万石で取っても、恩賞超過分で差し引き0。
他の武将でも同じ。安国寺とか長束なら25万石かけて取ったって-2点なのである。

そして11ターン以降サドンデス条件は東軍にとってどんどん厳しくなっていく。

もうこうなったら、西軍は全部隊が城に籠っている。
大垣に石田と宇喜多、佐和山に毛利と大谷。
残りは大阪城方面の地域移動表。これだと鍋島が裏切ろうが小早川が裏切ろうが、立花で吹っ飛ばされる。
状況によっては大谷や毛利は佐和山にいれずに裏切り征伐に使われる。

といっても大垣を放置して近江進出は出来ない。
大垣を包囲の選択をしたとしても、抜けて近江に入れるのは、家康、結城(or秀忠)、福島のうちの2隊+旗本2隊がいいところか。
大垣から宇喜多が出陣してくるのは、ある程度警戒しなければならないわけだし。

西軍はこの時点までいったら、東軍の武将を裏切らせてこない。
恩賞超過用としてせっかく置いてあるのを回収させる必要などないのだから。
(大抵の場合は西軍の武将を裏切らせたために返還された恩賞で、防御できないまま東軍の誰かが持ってかれる)

もうこうなったら東軍は勝てない。
15ターンまでやって大垣は落としたけど負けか、前田が裏切って終わりか、宇喜多が暴れて大垣包囲が解けて終わりか。

結局東軍は序盤では戦力に不安があり、終盤では大決戦につきあってもらえない。
だからこそ東軍が攻撃を仕掛けるタイミングは8,9ターンあたりであり、宇都宮組到着後でかつ家康到着前の中盤になるしかないのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はねはね

Author:はねはね
どうも、はねはねです。

シミュレーションゲーマーです。
ヲタと一般人の真ん中辺です。

とりあえず、やきゅつく2の事とゲームの事を書きたかったので始めました。

まあ、いずれ小説ネタやマンガネタを始めると思います。

それでは、つたないブログですが楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。