スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム】120試合終了

57勝62敗1分 9位。
開幕当初のあるていど予想通り。
降格の11位とは7.5ゲームあるので、次期ペナントも降格はしないだろう。

●投手総括
全体的にはこんなもんでしょという感じ。
成瀬とグライシンガーが9勝10敗と10勝10敗なのが、勝率5割を切ってる要因だし。
抑えはそれなりに頑張ってる。

これ以上は良くならないだろう。

●打者総括
4番石井が結局本塁打0本、チーム本塁打11本。
5番を打つ選手にもついぞ巡り会えず。
とにかくクリーンナップ打てる選手がいない…。
コスト4とかにもどうもいないっぽい。

足がはやいとか守備が上手いとか打率は残せるとかはいるんだけどなぁ。
もう本気で治ちゃん(Bw浜中)か中田翔に4番任すか。



▼次ペナントに向けて
正直言って降格も優勝も多分ないので、33サイクルの第1シリーズに向けてどうするかが重要課題。

現在40人ぐらいしかいないんだけど、これでもそれなりのチームは作れる。
打線は谷と福地がいるから形にはなるだろうし、先発は55542、抑えが555。

ただ、問題はコスト1が先発1人しかいないこと。
この状況では被り(現在総選手数276)を考えるとポイント貯めておいて、33サイクルの第1シリーズが始まったらカード引きまくり、コスト1を引いてくるというのが正しいんだろうなぁ。
スポンサーサイト

【ゲーム】関ヶ原その5

今日は簡単に。

前田調略のついて。

前田の価値は勝利得点にして、48点(裏切り37.5、近江進出11~12)ぐらいある。
恩賞超過で考えると240万石。
よって、西軍が240万石で調略してくるのであればあげてもいい。
もちろんサドンデス宣言を受けない範囲での話だが。


しかし、西軍から見てその価値は本当にあるかどうかは個人の判断となろう。
メリットはいいとして、デメリットは大きく3つある。
まず、恩賞が60~80万石くらい東軍の手元に戻ること。
2つめは、前田に240万石も使ってると他の武将の調略がほぼなくなること。
そして最後に小早川+鍋島を取られても、東軍が恩賞超過になってない可能性があること。

これらをどのくらいの価値にするかで、西軍の前田に対する評価が変化する。


また、東軍からみても実は問題がある。
はたして、240万石置いて守るべきなのかどうか。

守りきった場合はサドンデスでのゲーム終了がほぼなくなる。
このことは嬉しい。
しかし西軍に100万石近い恩賞を戻して、その後は大丈夫なのだろうか。
30万石前後が基本の武将を2人ほど持っていかれる可能性が出てくるのに。
そうなったら、主戦場で決戦が挑めるのかどうか。

もちろん、プレイごとに前田の価値は違うもの。
300万石置いても守らなければ行けない時もある。

前田の調略に関しては、勝敗を左右することが多々ある。
だからこの恩賞で負けたらしかたがない、その場合はこうして切り返そうとちゃんと考えておく必要がある。

【ゲーム】関ヶ原その4

 では、最後に中盤の話を。

 まず、宇都宮組について。
 これは家康より先に主戦場についてなければいけない。
 となると秀忠では史実どおり間に合わない可能性があり、結城+榊原が主戦場に向かうのが本筋となる。
 なので、結城+榊原が到着したものとして話をすすめる。

 この時点で東軍と西軍の戦力は若干の変更はあるだろうが次の通りとなる。

東軍:福島10、黒田10、細川10、井伊5、松平5、結城10、榊原5
西軍:石田4(+6)、宇喜多12、立花3、大谷4(+4)

西軍(弱信用):
小西4、鍋島6、長宗我部4(+2)、吉川14

 もともと東軍は、1隊は動かず、1隊は裏切りがでて使えなくなるぐらいは考えて動いてくる。
 そうすると合計5隊(10部隊×3+5部隊×2ぐらいか)。

 対抗する西軍は、まず宇喜多が10部隊+5部隊を担当し、石田+小西で10部隊、残りの10部隊は大谷+立花で担当したとしよう。
 それでもまだ5部隊が1個残り、これを相手するのは鍋島か長宗我部か。

 西軍にとってこれほど辛い状況はない。
 小西、鍋島、長宗我部、吉川のうち最低でも2隊は信用して、戦線を維持しなければならないのだから。
 
 しかしここで西軍は引くことは出来ない。
 引いてしまって東軍の近江進出が20部隊を超えると、11ターンのサドンデスをまずかわすことが出来ない。
 そうなったら負けである。

 といってもこの大決戦、戦意やサイの目、天候、調略カード等不確定要素がありすぎ、五分五分の勝負であろう。

 だからといって東軍も、家康を待っていても勝ちはまず望めない。
 ここで仕掛けるしかないのである。


 この時点でお互いが注目すべき点は幾つかあり、それが戦況を大きく左右する。

 まず、家康の早期出陣。
 家康に9ターンで大垣に取りつくぐらいの勢いがあると、西軍は大変苦しい。
 家康用の部隊なんかないのだから(宇喜多が廻ったとしても、宇喜多の穴は誰が埋めるのか)。

 次に、結城と小西の調略状況。
 どちらも裏切ったらまず負けである。
 部隊数として-1の+1を喰らったら、戦線は崩壊する。

 最後に、織り込み済みの東軍諸将と鍋島、長宗我部、吉川の調略状況。
 裏切る範囲がお互い納得済みの範囲なら問題はまずないが、予想外の裏切りは敗北を意味するだろう。


 結論として東軍が勝つためには、この時期に大垣の上を抜けて近江進出を狙う、というのが基本的に一番ベストであろう。

【ゲーム】関ヶ原その3

中盤のことを書こうと思ったのだけど、中盤は一番重要なところなので、先に終盤から。

家康が盤上に到着して、川を渡り始めるのがだいたい10~11ターン。
先に結論を言うと、こうなったら東軍は勝つのは厳しい。

11ターン以降に東軍が勝利するには、勝利得点は100点以上必要。
そして点数を計算すると基本的に80点ぐらいしかない。
・清州20点、岐阜20点、大垣包囲10点、丹羽10.5点、前田近江進出10点、その他10点

あと20点となると、小早川か鍋島の裏切りぐらいしかない。
もちろん決戦をして勝てばいいのだろうが、西軍が引いて決戦が出来なければおしまい。

東軍が決戦はしかけられないがサドンデス宣言をしたい場合は、もう調略しか残ってない。
しかしここで恩賞超過という問題が発生する。

はっきり言おう。
もし東軍が恩賞900万石をすべて使い切りかつすべての調略を成功させた場合、盤上は見事に東軍の勝利だろう。
だがゲームは恩賞超過90点(450万石/5万石)により、西軍の勝利か引分けになるだろう。

さて、ここで東軍の恩賞状況を確認しておく。
西軍が普通に東軍武将に恩賞を置いていくと、だいたい300万石ぐらいは防御に使う。
そして小早川を150万石で調略に成功したとすると、合計450万石である。

そう。
東軍は小早川を取った時点で、その後の調略はすべて恩賞超過なのである。
鍋島を90万石で取っても、恩賞超過分で差し引き0。
他の武将でも同じ。安国寺とか長束なら25万石かけて取ったって-2点なのである。

そして11ターン以降サドンデス条件は東軍にとってどんどん厳しくなっていく。

もうこうなったら、西軍は全部隊が城に籠っている。
大垣に石田と宇喜多、佐和山に毛利と大谷。
残りは大阪城方面の地域移動表。これだと鍋島が裏切ろうが小早川が裏切ろうが、立花で吹っ飛ばされる。
状況によっては大谷や毛利は佐和山にいれずに裏切り征伐に使われる。

といっても大垣を放置して近江進出は出来ない。
大垣を包囲の選択をしたとしても、抜けて近江に入れるのは、家康、結城(or秀忠)、福島のうちの2隊+旗本2隊がいいところか。
大垣から宇喜多が出陣してくるのは、ある程度警戒しなければならないわけだし。

西軍はこの時点までいったら、東軍の武将を裏切らせてこない。
恩賞超過用としてせっかく置いてあるのを回収させる必要などないのだから。
(大抵の場合は西軍の武将を裏切らせたために返還された恩賞で、防御できないまま東軍の誰かが持ってかれる)

もうこうなったら東軍は勝てない。
15ターンまでやって大垣は落としたけど負けか、前田が裏切って終わりか、宇喜多が暴れて大垣包囲が解けて終わりか。

結局東軍は序盤では戦力に不安があり、終盤では大決戦につきあってもらえない。
だからこそ東軍が攻撃を仕掛けるタイミングは8,9ターンあたりであり、宇都宮組到着後でかつ家康到着前の中盤になるしかないのである。

【ゲーム】雑談

去年は忙しいこともあり、ほとんどゲームが出来なかった。
しかし、今年はそれなりにできそう。

最近のゲームをまったくやってないので、結構楽しみ。
ここ2年ぐらいEP/SSシリーズの4つ(旧No.1,2,5,6)しかプレイしてないような気もするし。

【野球】75試合終了

37勝37敗1分。
先発が崩壊してきたためか、負けが増え始めた。

打線は良く打っているのだが、いかんせん長打がないため、得点につながってない。
といっても、長距離打者がまじでいない。
厳しい…。

(追記)
69試合目から、6連敗して1勝を挟んで4連敗(継続)中。
なにが、起こってるんだろう?

【野球】ランダムBOXありがとう

今日、ランダムBOXでG谷(8)とS福地(7)を引いた。
良かったー。
コスト6以上の選手は今節初めて。
これで1ヵ月後の第1シーズンはなんとか戦えそうだ。

先発がまだ、55522にしかならないけど、まあ誰か引けるだろう。

今シーズンについてはもうあきらめたので、谷も福地も来シーズンから。
上位4チームが勝率.700以上、次の6チームが勝率.600~.500、残り6チームが勝率.400以下。

我がチームは真ん中で5位~10位争い。
残留は決まってるけど、優勝もない。
タイトルも遠いし、完全に消化試合状態。

早く次のシーズン始まらないかな。

ところで、福地って何番選手だっけ?

【ゲーム】関ヶ原その2

序盤について、書き忘れがあったので。

●6ターンのサドンデスについて
オーソドックスな展開の場合、だいたいこの時点での勝利得点は50~55点。

なので、西軍としては前田調略しかほとんどなく、東軍は前田を防御していればいい。
一方、東軍からは小早川か鍋島を調略すれば70点に到達する可能性があるので、この2人を防御するかカウンター調略を用意しておく必要がある。また吉川+長宗我部なんて技もある。

基本的に、東軍にしろ西軍にしろ6ターンまではカードを使った裏切りを成功させてしまうのはよくない。サドンデスを引き起こし敗北につながるから。

長期戦にするつもりなら、この時期の裏切りは絶対に阻止しなければならない。

【野球】45試合終了

25勝19敗1分け。
この15試合は6勝9敗……、原因はなんだろうか?


まあ、中継ぎ1だよな。
球の遅い投手を初めて入れてみたわけだけど、かんかん打たれた。
やっぱり球速は140はなきゃダメか。

あと成瀬だ成瀬。
いまだ1勝5敗防5.49。
グライシンガーは4勝1敗だってのに。
はやく立ち直ってくれよ。

【雑談】巨大駆逐艦

先日テレビを見ていたら、韓国の駆逐艦沈没の件をやっていた。
「バブルジェット」とは何かを説明していて、オーストラリア海軍の映像を使っていた。


「映像を見てください。巨大な駆逐艦が真っ二つになります」


駆逐艦って専門用語なんだと実感しました。

【野球】よくやっている

 とりあえず、30試合終わった。

 19勝10敗1分で5位。
 よくやっているほうだと思う。

 チーム事情を考えると、コストは先発強化が一番正しい。
 落合監督は投手交代が『遅め』に設定されているし、先発ローテが一番強力だから。

 5の↑、杉内(10)、グライシンガー(8)、4か5の↑、成瀬(8)

 現在は5の↑が新垣、4か5の↑がラズナー(4)。
 どちらもいい、ラズナーなんか2連続完投勝利。
 でも成瀬が1勝3敗防6.49、つらいわ。

 しかし、チームタイトルは何もとれそうにない。
 前期プレミア2位のチームが防御率、打率、失策、盗塁の4つ持ってくだろうから。
 犠打でも取りに行こうかしら。

▼L石井(6)はすごいぞ
 最初の二日間調子が↓だったにもかかわらず、リーグ首位打者の.412って何。
 4番をずっと任せてる恩恵だろうか。

▼本塁打
 いまだ2本…。
 まいったね、こりゃ。

【ゲーム】関ヶ原の話

 今日、ゲーム会があったのだけど、雨が降っていたのでいきませんでした。
 申し訳ない。自転車なんで許してください。

 で、時間が少しあるので、EP/SS『関ヶ原』の事を少し書こうかと。
 好きなゲームなので、作戦とかいろいろ書きたいのだけど、最近ハマっている人が身近にいるようなので、大局観でのお話を書いておこうと思います。

-------------------------------------------

 このゲームの流れは大雑把に分けて序盤、中盤、終盤の3つに分けられます。

序盤:岐阜城陥落から宇都宮勢到着まで
中盤:宇都宮勢到着から家康到着まで
終盤:家康到着後

 これは東軍からの視点なのですが、西軍には増援らしい増援がなく結構受動的なので、西軍もこの視点から見がちです。
 

●序盤の話
 東軍は分けた3つの時期のうち、一番弱い時期です。
 40ユニットしかいません。

 なので実は結構不安です。
 岐阜城は陥落するのか、西軍が仕掛けて来ないだろうなとか。

 岐阜城を落としに行って落ちないということはほぼ負けです。だから落ちるまでは心が休まりません。
 また、岐阜城を攻めている時あるいは陥落後に西軍から攻撃をしかけられるのも、びびります。
 この決戦に負けたら、投了でしょうから。

 小西が調略出来るのであれば、全く安泰なので心配はいらないのですが。

 で、西軍はどうなんだというと、まったり長期戦の人はある意味でなにもしてません。
 いいカードこないかなと念じている程度です。

 しかし、短期決戦を臨もうと考えている場合は違います。
 東軍が一番弱い時期ですから仕掛けるのも悪くないでしょう。

 仕掛ける条件としては、以下の状況が考えられます。

1.大谷が主戦場にいて、東軍の1武将が寝返る
2.東軍の2武将が寝返る
3.東軍が2つに分かれていて、連携が取れていない

 1.2.については簡単です。
 東軍が10,10,10,5,5の5部隊でも、西軍は宇喜多、石田、立花の3隊あります。
 あと余り2部隊は寝返りや大谷を当てれば、5分でやりあえます。

 3.についても3,2部隊に東軍が別れていれば、宇喜多、石田、立花の3隊でどちらとでも戦えるでしょう。


▼終
 よって、この時期の東軍は忙しいです。

1.岐阜城は落とさねば。
2.裏切り者は出さないようにしないと。
3.全部隊がリンクしていないと。

 この3つをやっておかないと、家康や結城(or秀忠)が来る前に勝敗にかかわらずゲームが終わる可能性があります。
 さらにいえば、西軍も有利な状況だから決戦してくるのだから、勝敗もおのずとわかろうというものです。
 だからこそ長期戦にするために東軍は忙しいのです。
 織田秀信が出陣しなかったりしますしね。

 西軍は、基本的に短期決戦するぞするぞと見せかけていればいい。
 西軍にしてみれば岐阜城が落ちたら、この時期に終わるなんてあまり考えてないわけだし。
 ゲーム中一番心穏やかな時を楽しんだほうがいいでしょう。

【野球】ゲームの話

メジャーに昇格したので、今日からほぼ毎日書いていこうと思う。

まだ、始めて1ヵ月もたたないのだけど、ルーキー、マイナーは1期で抜けた。

●ルーキー
真面目にやっていれば、まず昇格出来る。
しかし、2度とルーキーには行かないだろうから、優勝したかったな……。

最終戦で首位に0.5ゲーム差の2位での1位との直接対決、4対5で負けた……。
エース成瀬が先発しての敗戦なので、しかたがないのだが。

戦歴94勝25敗1分

●マイナー
ぶっちゃけ、きつかった。

オーナーランクが会長とか社長とかが合計4人もいるし。

中盤までは首位から7ゲーム差ぐらいの7位、それに4位とは3ゲーム差ぐらいだった。
だから、あと1人なにかがくればと思っていたら、DH杉内(10)が来た。良かった。

これで、なんとか昇格に届いた。
首位と10ゲーム差の4位、ただし2位とはゲーム差なしだったので、あと1勝してれば2位だった。
まあ、でも惜しいという感じもなかった。どちらかといえばよく4位に入ったって感じ。

10ゲーム差もあると、優勝するには現有戦力にあと2,3枚は主戦力が必要なんだろうなと感じた。

戦歴:71勝48敗1分


●メジャー
今日が初日。

リーグを見て、まず笑った。
前期、前々期プレミア1名、前期プレミア1名、前々期プレミア1名。
前期メジャー優勝経験者、上記除いて2名。
常に2~5位の常連2名。

会長とか社長とか専務とか、そんなのばっかなんですけど。
こっちは社員だっちゅうにどうしろと。

どう考えても、この7人には勝てん。

正直、現状戦力的には8~12位なんだろうなと。
一回降格して、マイナーで優勝してくるかどうか思案中です。


初日で学んだこと。
▼やっぱわがチームは打てないわ。
現在9試合だけど、チーム打率最下位、本塁打0ってなんだよ。

▼F小谷野(7)、勘弁してください。
↓だったけど、使ってるわけ。
それなのに、ああそれなのに。
最初の5試合ノーヒット、現在打率.042。
使っちゃダメだったのか……。
プロフィール

はねはね

Author:はねはね
どうも、はねはねです。

シミュレーションゲーマーです。
ヲタと一般人の真ん中辺です。

とりあえず、やきゅつく2の事とゲームの事を書きたかったので始めました。

まあ、いずれ小説ネタやマンガネタを始めると思います。

それでは、つたないブログですが楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。