スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑談】面白くないと嫌いは別物

 『好きなゲームは何ですか?』

 はじめて行くサークルでよく聞かれ、大抵は『なんでもやりますが、○○方面はやりません』と答えます。

(ウォーゲーム系だと○○はマップが広いのにユニットが少ないゲーム)
(ドイツゲーム系だと○○は完全運ゲーと体使うもの)

 何故、好きなゲームを聞かれて、やらない方を答えるのか?
 それは、自分の中で面白くないと嫌いは別物だからです。

1.面白くて、好きなゲーム。
2.面白くないけど、好きなゲーム。
3.面白いけど、嫌いなゲーム。
4.面白くないし、嫌いなゲーム。
●私が上記4つでプレイしたい順は1,2,3,4。

 こう書くとわかりやすいと思います。

 1のゲームばかりやってれば、それはそれは楽しいですがそうも言ってられません。
 問題は2,3の順番で、好きを優先するのか、面白いのを優先するのかなんです。
 そして私は2の好きを優先します。

 理由は簡単で、自分のなかで『面白くない→面白い』の変換はよくあるけど、『嫌い→好き』の変換は滅多にないからです。これは、自分のなかで好き嫌いは結構普遍的なものですが、面白い面白くないは他人の影響を受けやすいからです。

 廻りが『このゲームは面白い』と言ってるゲームについて、『面白いが、嫌い』はあります。
 大抵、こういうゲームはよくやらされることになり、『面白いが、嫌い』だったのががだんだんと嫌いのほうが強くなり『面白くないし、嫌いだ』に変わってきます。
 (私は多人数でわいわいやるゲームは基本好きですが、アクワイアとディプロマシーは絶対やりません)

 逆に『このゲームは面白い』と言ってるゲームについて、『面白くないけど、好き』もあります。
 もちろん、よくやらされることになるのですが、『面白くないけど、好き』がだんだんとまわりに感化されて『面白い、好き』に変わってきます。

 だから私は3より2を選びます。


 ゲームについての記事も一緒です。
 面白い面白くないより好き嫌いが重要で、嫌いなゲームについては書きません。
 だから『システムがダメダメでゲームになってないけど、でも好き』はありますが、『ゲームはしっかりしてるし面白い、でも嫌い』はありません。
スポンサーサイト

【雑談】サバイバルゲームマンガ

 時代ですなぁ。
 サバゲーマンガですよ。
 しかも少女誌。

大炎上 サバゲーが少女誌で! 『なかよし』新連載「さばげぶっ!」が面白い!!

>さまざまな銃を手にした5人の少女たちに「この人たちテロリスト?」などと状況が把握できません。ここで少女たちの会話があるのですが笑った笑った!
>「今日はおニューのAKだよ 腕がなるなー」「フィンランド系のコスプレですの?」「シモ・ヘイヘなの」

 ぶはははっはっはっは。
 すげー。
 これからの小学生はAKとかシモ・ヘイヘとか知ってるかもしれないんだな。

 いやー、時代だなぁ。

 しかたない。
 なかよし、ちょっと抵抗あるけど買ってくるか。

【雑談】戦艦大和

 すげー。
 空き箱で作った戦艦大和だって。
 実際にみてみたいなぁ。

 P.Crafter's Room

【雑談】ボードウォーゲーマーはライトユーザーを欲しているのか?

 これの前に『萌えミリ』について書いていたわけだけど、あることをはっきりさせたほうがよかろうと思いまして、あらためて。

 まず訂正。いままでシミュレーションゲーマーと書いてましたがボードウォーゲーマーのほうがしっくりくるので変更します。F男氏ありがとさんです。

 さて本題。
 今、ボードウォーゲーマーってほとんどヘビーユーザーですよね。
 まあ、ヘビーユーザーの定義をほんとはしなきゃいけないんだけど、これが成立する人はまずヘビーユーザーだと思います。

 『年に数個はボードウォーゲームを買っている』
 もちろん、当てはまらない人でもヘビーユーザーはいるわけですが。

 それでこのボードウォーゲームのヘビーユーザーの人たちは、新規のライトユーザーの参入を歓迎してるのか?
 入ってくるのは構わないけど近寄らないでね、ってほとんどのヘビーユーザーが考えてないですか?

 と思ったわけです。
 だって、ボードウォーゲームのヘビーユーザーの人たちにとって大事なことは

1.自分の欲求が満たされる範囲での新作ゲームの発売
2.自分とほぼ同等の力量の対戦相手の確保

 なわけでしょう。
 これのどちらか一方が達成しているだけで十分な人もいるわけだし。
 私は2が30年来の友や、東京にいるのでゲーム会に顔を出すことによって確保されてます。

 ゲームの販売についても、ゲーム会等でみる限りでは数が足りないという感じでもない。
 つまりほとんどのボードウォーゲームのヘビーユーザーは現状ですでに満足しているのでは、と思うわけです。

 中の人的な言い方になりますが、もし『萌え』を交えたボードウォーゲーム系でなにかしたいと思ったら、ライトユーザー向けのボードウォーゲーム市場をあらたに作るか、現在のヘビーユーザーに受け入れてもらうしかないんですよ。

 だからこそ『多分ボードウォーゲーマーとライトユーザーは混じり合わないのではないですか』と書いているわけです。受け入れる側の問題であって、受け入れる必要性がほぼ100%ないんですから。
 そして、受け入れる必要のないことが業界として問題なのではないですか、と言いたいのですがね。


 ただねぇ、趣味でやってるだけのゲームについてそんなこと言われても、というのもすごくよくわかるんですよね。ゲームの目的って『楽しい時間を過ごしたい』ですから。
 このあたりが解決しないと、『萌え』を交えたボードウォーゲーム系でゲーム人口増加って意味がないんですよね。

 ぶっちゃけ、ドイツゲーム系でやったほうがはやいです。
 だからこその『くにとり!』であり『バルバロッサ』なわけですからね。
 銀パパは動きがはやいです。

【雑談】『萌え』とはなにか

 F男氏の最新の記事を見ていろいろ納得しました。
 『萌え』とはなにか、から始めるべきだったのね。

 うーん、『萌え』とはなにかって共通認識のつもりでいました。
 だけどそれこそ私が【こちら側】にいるから当たり前なだけで、一般人からすれば理解してないのが普通な話。
 まったく気付きませんでした。


 『萌え』というのはキャラクターやセリフ、または物に対してしか起こりません。
 単品に『萌え』るのが基本です。

 ヒトラーやスターリンには『萌え』ますが、独ソ戦には萌えません。
 T34-76やパンテルには『萌え』ますが、クルスク大戦車戦には萌えません。
 石田三成や徳川家康には『萌え』ますが、関ヶ原の戦いには萌えません。
 鉄砲や雑賀孫一には『萌え』ますが、雑賀衆には萌えないんです。
(本気で『萌え』を語ると、受け攻めからシチュエーション萌え、セリフ萌え等、語らなきゃいけないことが多々あるので簡単に説明してます)


 シミュレーションゲーマーに一番分かり易く言えばこうです。

【ツクダのゲームのほとんどに『萌え』る要素があります】

 ジャブローはキャラゲーです。黒い三連星シナリオは特にそうでしょう。
 黒い三連星(ガイア、マッシュ、オルテガ)VSガンダム(アムロ)、ガンキャノン(カイ)、ガンタンク(ハヤト)は最高でした。(第一話のデニム、ジーン、スレンダーに萌える人は少ないでしょう)

 大坂夏の陣もキャラゲーです。
 徳川方としては面白くないでしょうけど、大坂方は幸村の活躍っぷりはプレイしてて楽しいでしょう。

 銀英伝のゲームもほとんどがキャラゲーです。
 リップシュタット会戦なんて、キルヒアイス2ユニットで100ユニット相手にしますから。

 (あの当時を思い出すと、私自身もツクダのゲームを『下に見ていた』気がします。あんなのシミュレーションゲームじゃないとかなんとか)


 この辺から考えると『萌えミリ』がはまるシミュレーションゲームは、キャラゲーかフィギュアゲーになると思います。基本は原作のアニメか小説、マンガ付き。

 だけど、シミュレーションゲーマーってここにほとんどいないですよね。
 単品に『萌える』ってのがあまりありえませんし。

 つまり萌えを受け入れるかどうかってことは、『ガンダムUC』『ケロロ軍曹』『ガンパレードマーチ』『戦国BASARA』あたりのシミュレーションゲームが出てきたとして、シミュレーションゲーマーがそれをシミュレーションゲームとして認めるかってことでしょうね。

 ツクダの時ははじき出したと認識していますが。

***********************
●昨日の『【雑談】萌えミリについて無駄に時間を使ってみる』について

 原作付きの何かゲームを出してもらって、それに続く形でムックで出すってのが最も有効ではないかなと思います。
 そうすれば、ゲーム2000個、ムック5000部はいけるのではないでしょうか。
***********************
プロフィール

Author:はねはね
どうも、はねはねです。

シミュレーションゲーマーです。
ヲタと一般人の真ん中辺です。

とりあえず、やきゅつく2の事とゲームの事を書きたかったので始めました。

まあ、いずれ小説ネタやマンガネタを始めると思います。

それでは、つたないブログですが楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。